その10「ホームの端に立たない」

0
    あまり知られていませんが、
    駅のホームというのは、
    水はけをよくするために
    端の方は少し傾斜がつけられていて、
    ホームが線路に向かって
    少し斜めになっていることがあります。

    ホームの端に立つと、
    本人は平らな場所に立っているつもりでも、
    実は傾斜の上に立っていることになるのです。

    あなたが、心身ともに健康で、
    毎日を楽しく過ごしているなら、
    ホームの端に立っても
    さほど問題はないでしょう。

    問題があるのは、
    ちょっとウツっぽい傾向の人です。

    仕事や人間関係がうまくいっていない、
    借金に追われている、
    などの問題を抱えている人が、
    ホームの端に立つと、
    つい電車に飛び込んだら…
    などと考えてしまいがちです。

    そして、このホームの端にしこまれた
    微妙な傾斜が、そんな気持ちを後押しするため、
    ふらふらと電車に飛び込んでしまう
    可能性が高まるのです。

    知らないうちに線路に向かって、
    少し斜めに立たされているので、
    すでに線路に倒れ込むような身体感覚を
    無意識のうちに体験していることになるのです。

    ですから、力を抜けば、
    自然と前にのめっていくことになります。

    そんなわけで、もし精神的に
    つらい状況にあるなら、
    ホームの端には、行かないように
    気をつけましょう。

    そして、あなたの身近に、
    追いつめられてそうな人がいたら、
    ホームの端にいかないように
    アドバイスしてあげるといいでしょう。
    イレーヌ * 都会で電車に乗る心得10か条 * 16:48 * - * - * - -
    このページの先頭へ