<< その2「電車を降りたら手を洗いましょう」 | main | その4「危ない人を極力避けるべし」 >>

その3「踏まれてもダメージの少ない靴を履くべし」

0
    電車内で足を踏まれて
    爪が割れたり骨折する人は、
    少なくありません。

    満員電車などでは、
    足を動かすこともままならず、
    踏まれたら痛そうな危険な靴のそばに
    自分の足があっても、
    避けようがなかったりもします。

    特に女性のハイヒール、
    ピンヒールに踏まれた場合の
    ダメージは大きく非常に危険です。

    満員電車にそのような靴で乗ること自体
    問題だという意見もありますが、
    女性はどうしても
    お洒落をしたい生き物ですから、
    これらの危険がなくなることはないでしょう。

    ですので、万が一踏まれても、
    できるだけダメージのない靴を
    履いておくべきです。

    夏は足の指も甲もむき出しの
    サンダル履きの人がいますが、
    むき出しの状態で踏まれた場合のダメージは、
    考えただけでも恐ろしいものがあります。

    足の小指を骨折しただけでも
    松葉杖ですから、あなどってはいけません。

    たいして混まない電車なら、
    ラフなサンダル履きもいいでしょうが、
    満員電車にはしっかり足を
    カバーした靴を履いて乗りましょう。

    イレーヌ * 都会で電車に乗る心得10か条 * 15:24 * - * - * - -
    このページの先頭へ