<< その7「酔っ払いが目の前に立ったら迷わず移動せよ」 | main | その9「ホームで一番前に並ばない」 >>

その8「バッグの口は閉めておく」

0
    当然ですが、
    バッグの口が開いた状態で
    満員電車に乗るということは、
    スリなどの被害に遭いやすい状況を
    自分から作り出しています。

    特に女性に多いですが、
    バッグの口がガバッと開いた状態で、
    乗っている人が時々います。

    スリに遭わなかったとしても、
    カバンの中身を他人に見せているわけですから、
    もうすこし慎み深く
    見えないようにしてほしいものです。

    混んでいる電車の中では、
    見たくもないものも、
    しばらく見続けなくてはならないことが
    よくあります。

    カバンの中身をさらしておくことで、
    変に興味を持たれてしまうかもしれません。

    女性のバッグは、
    もともと口を閉じれない構造のものも多く、
    すべてのバッグの口を閉じるのは
    難しいかもしれませんが、
    通勤電車に乗る前提であれば、
    口をしっかり閉じられるバッグを
    選ぶべきではないかと思います。

    無防備すぎる女性のバッグを目にする度に、
    危険だなぁと思ってしまします。

    何かを盗られる危険ばかりを
    考えてしまいがちですが、
    口の開いたバッグの場合、
    逆に何かを入れられてしまう危険もあります。

    いたずらでヘンなおもちゃを入れられたり、
    卑猥な手紙を入れられたりするかもしれません。
    犯罪に関わるものを入れられた場合、
    事態は思いもかけない深刻な事態を
    まねくかもしれません。

    実際にそんなことはなくても、
    開きっぱなしのカバンには、
    常にそういう危険要素があるということを
    認識しておくべきです。
    日頃から危機意識を高く持っておきましょう。

    イレーヌ * 都会で電車に乗る心得10か条 * 12:45 * - * - * - -
    このページの先頭へ